Blade&Soul ブレイドアンドソウル(RPG)

ゲーム内容
武侠系RPG。クエストに沿って活動範囲が広がり、それに伴いMOB(敵)や装備品ランクも上がっていく形の
云わば極一般的RPGで、レベルUP制を採用している。戦闘はノンタゲと言いつつもクロスヘア(照準)が存在し
後方からの視点移動で自動的にMOBをタゲるシステム。タゲ中なら攻撃がほぼ必中する為
特に難しい事はない簡単なもの。クエストに絡んだ一般MAPと、インスタントダンジョン(ID)での狩り
比武と呼ばれるアリーナでのPVPが存在する。ストーリーは「復讐」といったシナリオを主軸に進み
要所では美麗なグラフィックのムービーが流れる。最近増えてきた詳細なキャラメイキングができる為
その部分での自由度は高いが、アバター(着替え)はトータルコーディネイトされた一体物なので
服装や装備品などで個性を出すなどは期待できない。女性物の衣装は露出の高い物が多め。
通貨単位がG(ゴールド)などの1単位ではなく、武侠物の世界観に合わせてか金銀銅の銭貨単位で
100銅で1銀、100銀で1金といったものを使用している。現在は金が最上単位。
またIDをPTで回ると、ドロップしたアイテムをメンバー同士でオークション形式(競売)で取り合うシステム
が採用されている。難易度の高いIDを仲良く頑張って攻略したあとに待つ、レアドロなどの競合いは
ギスギスオンライン丸出しで、まさに開発国の民度が知れるシステムになっている。

感想
開発費用50億円と無駄に金を注ぎ込んだせいか、正式サービス時に月額課金3000円という
何とも馬鹿げた設定で開始してしまい、各所宣伝・事前キャラメイクEV・CB・OBで集まった
大量ユーザーをのっけから蹴落とす結果になってしまい、某素人NET放送サイトでの数多の強気発言
「月額3000円は妥当」や「オフゲなら月1本でも3000円以上掛かる」「3000円設定でも内容に自信を持っている」などを繰り返し自信を匂わせた運営陣だったが、開始1~3ヶ月すぎの過疎化であっさりと覆し
去2015.3.1に無料化となった。この記事の時点でまだ1年未満である。
とはいえストーリーや戦闘、経済システムは特に問題なく、ありがちなマゾいレベリングは
現在のカンストレベルである50を過ぎてからのオマケレベル(さらに10レベル程伸びる)になってからなので
それまでは作りこんだ愛着あるキャラクターでちょこまかと楽しめる。
が やはりスタート時の大失態とそれからの対応、無料化に伴い悪質プレイヤーの大量流入によって
過疎化が進んでいる為PTシステムはほぼ虫の息で、オフゲと大差ない状態になってしまっている。

さらに問題なのは使用装備の強化システムだろう。
公式掲示板を見ればわかるが、現在できる最上強化までに使用する強化素材の総数と強化にかかる費用が
信じられない数字で、それもユーザー離れの一端を担っている。
参考までに一例あげると、MOB1匹から課金ユーザーで5銅程度、無課金で0、クエスト報酬平均1金前後の
デイリークエスト1日40個しかできない状態で、費用だけで2000金近く掛かり
ソロではほぼ攻略不能なIDを、PT組んで一周した報酬で平均ドロップ1~2個でるアイテムを3000個以上
さらにそれを複数種類使用する。とまあこんな感じである。
この事で生じた装備格差は古参と新規の溝を深めただけでなく、ライトユーザーの居場所も奪いはじめ
いよいよ新規参入と一般ユーザーは見捨てられた廃人至上状態になっている。
そして最近ではその必要アイテムをなんと課金で売り出し始めた。
新規向けに救済策との見方もあるが。。。もはや札束ゲーである。
戦闘後の競売システムが災いして、面倒をこなしても成果が得られない場合もある。
驚く事にこのシステムは他国で提供されている同コンテンツとはまったく違った状態で
日本仕様と称して、恐ろしくバカげた内容で提供されているのだ。
運営も抜きん出た無能っぷりを発揮しており、1アカウント限定購入アイテムの無限販売や
1アカウント限定入手クーポンの無限配布など、多岐にわたる失態を提供してくれている。
恐らく永くないと断言できる程、色々な意味で先の見えないMMOだった。

総評
日本ユーザーを金蔓として扱う運営のMMOはプレイするべきではない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック